作品紹介

近代文学史の一頁目にその名を刻まれた二葉亭四迷。つねに悩みを抱えつつも夢を追い続けた自由な精神と明治後期の時代背景を描く

担当編集者より
近代文学の一頁目にその名を刻まれた二葉亭四迷が生きた明治の後半期は、文明の利器こそなかれ現代と殆ど違わぬ成熟した時代でした。この時代にあって現代にないものを「生活上の誠実な態度と志の高さ」と著者の関川氏は断言しています。明治という時代を超えて現代に生きることの意味を考えさせる現代人必読の一冊です。(M)
商品情報
書名(カナ) フタバテイシメイノメイジヨンジュウイチネン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年11月30日
ISBN 978-4-16-352290-6
Cコード C0023

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く