単行本
単行本

亡国の徒に問う

石原慎太郎

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1996年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

国家なしに国民はない。その国を亡ぼしてよいのか。日本は何に依って立つのか。それが今、国民一人一人に突きつけられた問題だ!

担当編集者より
ベストセラーになった『弟』ですが、石原さんはその反応にふと、「今の日本は、すでに家族、肉親という関係が失われてしまったのではないか」と不安を感じたそうです。今の日本を見れば、娘たちはブランド物を買うために売春に走り、息子たちは鼻に穴をあけ嬉々とする。官僚は私腹を肥やし、政治家は国土を守らず、国民は目前の安逸にひたる。何がこの国を、これほどまでに自堕落なものにしたのでしょうか? 政治はもとより、歴史観、文学、宗教、ピアスを縦横に論じ、日本人の「下意識」を問う評論集です。(M)
商品情報
書名(カナ) ボウコクノトニトウ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年12月20日
ISBN 978-4-16-352440-5
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く