作品紹介

酒に嬉しい酒、悲しい酒があるように本もまた然り。では、疲れたときに読む本、草の根をかき分けても読みたい本とはどんな本?

担当編集者より
東大を辞して羽をのばしておられる様子がよくわかる。例えば本書「あとがき」――「自宅で昆虫標本を見ている時間がはるかに増えた……」虫をみながら人をみるのが養老ワールドの魅力なら、本書もまた「世界のクワガタムシ大図鑑」から海外ミステリー、荻生徂徠におよぶ守備範囲の広さと深さが楽しめる。深沢七郎の『みちのくの人形たち』を求めて古書店を訪ねるあたりは、本の虫なら誰しも共感、思わず手をさしのべたくなることだろう。(T)
商品情報
書名(カナ) リンショウドクショニッキ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年03月10日
ISBN 978-4-16-352640-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く