作品紹介

大規模林道、長良川河口堰、道路公団、理念なき財政投融資のからくり……。日本を蝕む官僚システムの暗部に徹底現場取材で鋭く迫る

担当編集者より
九六年夏に、「文藝春秋」短期集中連載に向けて、取材陣一同、合宿を組んだ。地を這うような取材の成果があってか、めでたく、同誌読者賞を受賞。この間、厚生省の岡光前事務次官が逮捕されるなど、高級官僚の天下り先とされる公団、財団法人ばかりでなく、そこから派生する特殊・公益法人のあり方にまで、国民の関心がひろく向かうこととなった。永田町(政治)、霞が関(官僚)ばかりでなく、こうした諸機関が集中する虎ノ門の改革こそ、真のテーマだと著者は主張する。(T)
商品情報
書名(カナ) ニホンコクノケンキュウ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年03月30日
ISBN 978-4-16-352720-8
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く