単行本
単行本

恋文の香り

出久根達郎

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:1997年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

初恋、家族、人情。懐かしさ、愛しさ、寂しさ。誰もが忘れかけているものを、機微に富んだ絶妙の語り口で描く、御存じ出久根節!

担当編集者より
「恋文も歳をとったのだ。」「戦後日本の文化は、タバコの紙さがしから始まった。」「人様に迷惑をかけないで生きる。母はそれだけを念じて生ききった。」琴線に触れ、心をうつ一行。温かな眼差しで人生を見つめ、思い出を、友を、家族を慈しむ筆遣い。笑わせ、泣かせ、読者を心の故郷に誘う、お馴染み出久根節エッセイ集。(T)
商品情報
書名(カナ) コイブミノカオリ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年05月10日
ISBN 978-4-16-352940-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く