単行本
単行本

薮の中の家芥川自死の謎を解く

山崎光夫

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:1997年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

胃腸病、神経衰弱、不眠症、痔など業病に悩まされた文豪晩年の生と死の実相を、主治医・下島勲の日記など医学的側面から照射する

担当編集者より
芸術至上主義とも評される作風とは裏腹に、私生活においては様々な俗事や宿痾(しゅくあ)に悩まされた芥川龍之介。その自死に至る晩年の生活を、新発見の主治医・下島勲の日記を軸に再構築します。「透明な歯車」の正体は?自殺に使われた薬物は本当に睡眠薬なのか?作家になる前は医学ジャーナリストとして鳴らした著者が、その知識と取材力をフルに発揮して文豪の死の謎に迫ります。(AK)
商品情報
書名(カナ) ヤブノナカノイエ アクタガワジシノナゾヲトク
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年06月30日
ISBN 978-4-16-353020-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く