単行本
単行本

テレビ消灯時間

ナンシー関

  • 定価:本体1,143円+税
  • 発売日:1997年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「週刊文春」人気コラム単行本化!うの、タモリ、聖子、徳光と、希代のテレビ・ウォッチャーが俎上に載せた五十人あまりをめった斬り

担当編集者より
ごぞんじ「週刊文春」好評連載の単行本化。寸鉄人をささんばかりの辛口コラムと世界一の技量を誇る消しゴム版画――グリコのおまけではありませんが、ひとつぶで二度おいしい本です。ともさかりえの顔は右あがり、川島なお美の味わい深きコクとエグみ、「ひとつ屋根の下」は新喜劇である、“自然体”徳光和夫は喜怒哀楽で食っている――世紀末ニッポンのテレビ事情がこれ一冊で一目瞭然です。(TT)
商品情報
書名(カナ) テレビショウトウジカン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1997年08月10日
ISBN 978-4-16-353210-3
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く