単行本
単行本

ヒマラヤのスパイ

シドニー・ウィグノール 三浦彊子・訳

  • 定価:本体2,667円+税
  • 発売日:1997年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

1954年、遠征隊を結成した著者はひょんなことからインド政府高官に「スパイ」役を頼まれる。手に汗握るユーモアあふれる脱出記

担当編集者より
「おれは頭がどうかしていたのだ。妻も幼い息子もいる。依頼してきた男に恩義があるわけじゃない。なんのために?」ヒマラヤ遠征隊を率いる著者が、ひょんなことでインド政府筋からチベットでの中国軍の動向を調べるよう依頼され、なんとなく引き受けてしまったのがウンのツキ。中国軍に捕らえられ、尋問、拷問、はては厳寒のヒマラヤ越え……ジェームズ・ボンドばりの活躍を余儀なくされる。もちろん本職のスパイではないからしかるべき訓練を受けたわけでもないし、だいたいが無給なのだ。山男の不屈のユーモア(?)が小気味よい、ハリウッド・アクションも顔色なしの超冒険ノンフィクションです。(OM)
商品情報
書名(カナ) ヒマラヤノスパイ
ページ数 440ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年12月20日
ISBN 978-4-16-353710-8
Cコード C0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く