単行本
単行本

やられ女の言い分

内田春菊

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:1998年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

マンガに小説に歌に芝居、二人の幼児を抱えながら大活躍の内田春菊さんの、ここ五年余のエネルギッシュな活動を伝えるエッセイ集

担当編集者より
衝撃的話題作『ファザーファッカー』以後の心境を綴るエッセイ集。妊娠中も仕事をやめず、出産してからも母乳を与えながら、仕事場でもこどもと一緒に過す日々を描いた「動物のように」「母と産婦のちがい」。こどもが出来ても一個の生き物として人を愛し、愛されたい、その思いを書いた「愛のせいかしら」「私が不倫をやめた理由」「女が考えるセックス」。友だちに愛される喜びを綴った「天才アラーキのこと」や「筒井さん断筆祭」。趣味を語った「おさかな話」や自作マンガの紹介など元気がでるエッセイ七十篇。(MK)
商品情報
書名(カナ) ヤラレオンナノイイブン
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年02月20日
ISBN 978-4-16-353790-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く