作品紹介

少年時代から“ちゃんばら”小説、映画、演劇と親しんできた昭和ちゃんばら世代の著者がちゃんばらに対する熱い思いを語るエッセイ

担当編集者より
山本さんが最初に観たちゃんばら映画は「宮本武蔵」だった。昭和十五年、小学三年生のときだった。それから、ちゃんばら映画に病みつきとなり、休み中は埼玉から上京し、深川の叔父さんの家に泊まり込んで、浅草の映画館で朝から晩まで一日中映画を観ていた。この本はちゃんばら映画、演劇、小説に五十年以上、親しんできた著者の熱い思いを書いたエッセイ集です。装幀は「麻雀放浪記」で映画監督をされた和田誠さんです。和田さんが描いた宮本武蔵、佐々木小次郎、鞍馬天狗、国定忠治、銭形平次の絵もお楽しみ下さい。(OM)
商品情報
書名(カナ) チャンバラキョウブック
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年02月20日
ISBN 978-4-16-353800-6
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く