単行本
単行本

少年たちの迷宮裁かれた十歳の殺人者たち

ブレイク・モリソン 安藤由紀子・訳

  • 定価:本体1,762円+税
  • 発売日:1998年04月

作品紹介

英国の十歳の少年たちはなぜ子供を惨殺したのか? 大人と同様に裁くのは正しいのか? 詩人の眼を通じて子供の心の闇を語る

担当編集者より
一九九三年、イギリスはリヴァプールで行方不明の幼児が轢断死体で発見されました。犯人はなんと十歳の少年ふたり。少年らは大人同様の裁判にかけられたうえ、顔写真も実名も公開されました。酒鬼薔薇事件でもよく引き合いにだされたこの事件を、イギリスの詩人が三人の子供の親として、また十歳という少年時代をすごしたひとりとして検証します。詩人ならではの感性で「なぜこんなことをしたのか」を探る姿はたんなるノンフィクションを凌駕しています。(FK)
商品情報
書名(カナ) ショウネンタチノメイキュウ サバカレタジュッサイノサツジンシャタチ
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年04月10日
ISBN 978-4-16-353950-8
Cコード C0036

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く