単行本
単行本

将軍慶喜と幕末の風雲

古川薫

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:1998年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

徳川慶喜だけにスポットをあてるのではなく、将軍慶喜を取り巻く背景、薩長の動きに焦点をあて、幕末の疾風怒濤を描いた歴史読物

担当編集者より
NHKの大河ドラマ「徳川慶喜」が放映中ですが、古川薫さんの『将軍慶喜と幕末の風雲』は慶喜だけにスポットをあてるのではなく、薩摩、長州両藩がどのようにして幕府を崩壊に追い込んだかを描いた書き下ろし歴史読物です。昨年は文春文庫から『毛利元就とその時代』を書き下ろしで刊行されましたが、今度の作品は「徳川慶喜とその時代」を描いたものです。(OM)
商品情報
書名(カナ) ショウグンヨシノブトバクマツノフウウン
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年05月10日
ISBN 978-4-16-354040-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く