単行本
単行本

現代史の争点

秦郁彦

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:1998年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

南京事件、七三一部隊、慰安婦問題、家永教科書裁判など、現代史の論争点を、左右に偏することなく冷静な眼で検証した画期的労作!

担当編集者より
慰安婦問題や南京虐殺(三十万人規模)など、現代史にまつわるさまざまな日本の行為は、感情的なイデオロギーに毒された「自虐的」な人々によって、日本国家国民の「冤罪」にデッチ上げられています。秦氏は、そうした風潮にあって、冷静に日本の現代史をウオッチし続けている学者であり、左右に偏らぬ秦史観こそが、混迷する歴史論争に終止符を打つものと思います。(ST)
商品情報
書名(カナ) ゲンダイシノソウテン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年05月20日
ISBN 978-4-16-354060-3
Cコード C0021

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く