作品紹介

日本サッカー界の若きリーダー、中田英寿の発言集。物議を醸した彼の言動の真意がここにある。初めて明かされるエピソード、多数

担当編集者より
中田はマスコミが『中田英寿』を叩きたがっている雰囲気を痛いほどに感じている。取材陣の質問に答えないばかりか、写真撮影にも露骨に嫌な顔をする。ときには、記者に向かって「礼儀を知らない人々」などと言ってしまう自分は、本当に「可愛げがない、憎たらしい奴」なのだ。だからこそ、彼はピッチの上のプレーに全身全霊を傾ける。サッカーの技術を認めてさえもらえば、自分を快く思わないサッカー記者たちとも、バランスのとれた関係が保てると思ったからだ。(中略)だが、彼の思いはなかなか通じない。サッカー以外の話題で追いかけられる彼は、言ったはずのないコメントが、スポーツ新聞や週刊誌に掲載されるたびに辟易していた。いつしか、Jリーグ一無口な男になってしまうのである。(本文より)
商品情報
書名(カナ) ナカタゴロク
ページ数 144ページ
判型・造本・装丁 B6判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年05月10日
ISBN 978-4-16-354170-9
Cコード C0075

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く