作品紹介

週刊文春好評連載コラム第二弾。ジャニーズ系から、安藤優子まで、あらゆる番組、タレントを毒舌コラムと消しゴム版画でメッタ斬り!

担当編集者より
根っからテレビが好きなナンシー関さんの「テレビ消灯時間」(週刊文春連載中)の第二弾が本になりました。好きといっても、もちろん礼讃するだけではなく、厳しい観察眼で独特な一家言を持つ彼女ならではのテレビ論の数々には、担当編集者もたまに見た番組でなんとも言えぬ疑問を感じていたところ、一読して疑問解消不満氷解の爽快感を味わうこともしばしばでした。一種の人物批評の傑作コラム集としても、見逃せない一冊です。(ST)
商品情報
書名(カナ) テレビショウトウジカン
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年09月10日
ISBN 978-4-16-354350-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く