作品紹介

法的基盤の脆弱な皇后の位に民間からお就きになった美智子さまがお言葉を失い、そこから立ち直られるまでを描いた渾身の感動巨篇

担当編集者より
四月十日、美智子皇后はご成婚四十年を迎えられます。即位十年目ということもあって、二度目の“ミッチーブーム”などと騒ぐ向きもありますが、宮原さんは『軽井沢物語』『神谷美恵子 聖なる声』と書きつがれて後、本テーマに至りました。端的に言えば、交友関係とその足跡、音楽、童話、御歌を丹念に辿りつつ、皇后の内面を初めて明らかにした画期的な本と申せましょう。(TY)
商品情報
書名(カナ) イノリミチココウゴウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年04月10日
ISBN 978-4-16-355010-7
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く