単行本
単行本

キネマの美女20世紀ノスタルジア

文藝春秋・編

  • 定価:本体2,095円+税
  • 発売日:1999年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

サイレントの名花から戦後黄金期のスタアまで、日本女優の美しさ、妖しさ、可憐さを余すところなく伝える、写真と名文満載の決定版

担当編集者より
かつて『ノーサイド』誌で絶賛を博した特集「『戦後』が似合う映画女優」と「キネマの美女」をベースに、写真を大幅に充実させ、全二百九十六の名花がいっそう鮮かによみがえる写真集兼日本女優名鑑であります。田中眞澄さんを筆頭とする執筆陣の情熱とウンチクに支えられた本文の味わい、そして久世光彦・中野翠・池部良の三氏による座談会も逸品です。眺めるだけでも楽しい、読めばさらに興深まる、そんな一冊です。(TY)
商品情報
書名(カナ) キネマノビジョ ニジュッセイキノスタルジア
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 B5判 並製 カバー装
初版奥付日 1999年05月30日
ISBN 978-4-16-355260-6
Cコード C0074

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く