単行本
単行本

日本陸海軍の生涯相剋と自壊

吉田俊雄

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:1999年06月

作品紹介

過保護の中で自己抑制を失う陸軍、成功体験に拘束されて現実対応力を無くす海軍。両者の対立は、昭和期に入ってより表面化していく

担当編集者より
過保護教育のなかで自己抑制を失っていく陸軍、成功体験に拘束され現実が見えなくなっていく海軍。両者の対立は、昭和期に入ってより深刻さを増していく。その背景には、両軍各々の「親」ともいうべき山県有朋と山本権兵衛の人柄の違いが大きな影を落としていた。元海軍軍令部参謀としての実体験をベースに太平洋戦争を問い続けてきた著者が、明治から続く破局への道を明瞭に解き明かす決定的論考。(UH)
商品情報
書名(カナ) ニホンリクカイグンノショウガイ ソウコクトジカイ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年06月20日
ISBN 978-4-16-355310-8
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く