単行本
単行本

元役員が見た長銀破綻

箭内昇

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:1999年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本型システム崩壊の象徴的事件となった長銀破綻。辞表を叩きつけた元役員が苦渋をこめて暴く経理操作の手口や、首脳たちの素顔

担当編集者より
衝撃的な一時国有化で日本長期信用銀行が消え去ることが決まってから半年、新聞には刑事責任を追及する記事が躍っています。破綻直前まで長銀の役員を務めていた箭内氏はこの間、自問を繰り返してきました。「我々はどこで間違ったのか?」「どうすべきであったのか?」――在職当時のメモなどから破綻までの軌跡をリアルに描いたこの苦渋に満ちた手記は、日本のあらゆる企業に通底する問題を指摘しています。経営者・サラリーマン必読。(OY)
商品情報
書名(カナ) モトヤクインガミタチョウギンハタン
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年07月30日
ISBN 978-4-16-355500-3
Cコード C0033

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く