単行本
単行本

日出づる国の「奴隷野球」憎まれた代理人・団野村の闘い

ロバート・ホワイティング 松井みどり・訳

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:1999年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

幾人もの日本人プロ野球選手にメジャープレイヤーへの道を開いたダン野村への取材をもとに、初めて明かす日本野球の衝撃的真相

担当編集者より
日米のスポーツ文化に鋭い視点を持つ著者が、代理人・団野村へのインタビューをもとに、野茂、伊良部、吉井らが移籍した際の陰湿な舞台裏を明らかにします。また、団野村の強烈な正義感の裏に有る実母沙知代との確執などを描きます。日本のプロ野球選手は華やかに見えて、実は著しく虐げられている――この本を読めば、誰もがその事実に唖然とするでしょう。(TH)
商品情報
書名(カナ) ヒイヅルクニノドレイヤキュウ ニクマレタダイリニンダンノムラノタタカイ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年11月10日
ISBN 978-4-16-355680-2
Cコード C0075

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く