作品紹介

駄洒落かエスプリか……それが問題だ

栄螺の尻――心の捻れた人、尻に目薬――見当違い……。虚実ないまぜ、筆者一流の都会のエスプリあふれる「ことば」をめぐる随筆集

担当編集者より
(1)犬の糞で仇、(2)栄螺(さざえ)の尻、(3)尻に目薬、(4)狼の睾丸、(5)鋳掛屋の天秤棒――これらのことばの意味がわかりますか。由緒正しき東京っ子である著者が「顔は童顔、目は老眼」(〔三船敏郎)になりながらも、拾いあつめたことばの数々が、虚実ないまぜの物語とともに届けられます。ちなみに答えは、(1)ささいなことを恨まれ、つまらないところで復讐されること、(2)心の捻ねじくれた人、(3)何の効き目もないこと、(4)手がつけられないこと、(5)ですぎた人のこと、です。(HK)
商品情報
書名(カナ) コトヅテナベ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年01月20日
ISBN 978-4-16-355930-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く