単行本
単行本

中華飯菜風味おかずと酒をめぐる五十の物語

西村康彦

  • 定価:本体1,476円+税
  • 発売日:2000年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

読んで作って食べる――三倍おいしい中華料理の本

銀耳、臘腸、水母、茘枝……。中華の多彩な食材をめぐる物語と料理法を、古今の蘊蓄とエピソード豊かに紹介する。カラー写真多数

担当編集者より
一口すすると花の芳香が身体中から発散する「花湯ホアタン」、唇がビリビリとしびれる本場の「陳麻婆豆腐」、漢方でもある白キクラゲの上品この上ないスープ「銀耳鶏湯インアルチータン」などなど。中華料理店では味わえないとっておきの家常菜(おかず)を、料理や食材にまつわる逸話、故事を交えて紹介します。カラー写真多数、しかもレシピ付で、読んで楽しく、作っておいしい。美術史家として、中国の古典を渉猟し、各地を旅した著者が、その体験と知識、食と酒に対する情熱を傾けた本です。(MK)
商品情報
書名(カナ) チュウカハンサイフウミ オカズトサケヲメグルゴジュウノモノガタリ
ページ数 128ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2000年05月20日
ISBN 978-4-16-356220-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く