単行本
単行本

うらやましい死にかた

五木寛之

  • 定価:本体1,000円+税
  • 発売日:2000年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

この国は大丈夫だ――そう思いつつ泣いた

自分の生死を見つめる普通の人々の優しさ。そして家族の絆の強さ、豊かさ。日本の将来に希望をもてる一冊。杉本苑子氏との対談収録

担当編集者より
お待たせいたしました。昨年十一月に「文藝春秋」に掲載され、大反響をよんだ企画がいよいよ単行本になります。全国から寄せられた投稿を読みながら、この小さな国に暮らし、自分の生死を見つめる普通の人々の優しさに感動し、編者の五木氏は号泣されたそうです。新たに五木氏と杉本苑子氏の対談を収録します。そこで五木氏が「最近病院でも火葬場でも、子供の姿を見ない。子供の頃から死に接さず、死の切実な実感がないから残虐な事件が起こるのではないか」と語られたのに考えさせられます。(HT)
商品情報
書名(カナ) ウラヤマシイシニカタ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 カバー
初版奥付日 2000年07月30日
ISBN 978-4-16-356450-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く