作品紹介

DNA革命で人類はどこへ行くのか

生命科学ではいま大革命が起こっている。ガン制圧も遠くない。知の巨人が、人類の未来を文系人間にもわかりやすく徹底レポートする

担当編集者より
来るべき世紀はバイオ革命の世紀です。分子生物学、バイオ技術と聞くと、DNAの二重らせん図などが頭に浮かび、何だか難しい話だと思われるでしょう。ご安心ください。「私の天職は難しいことをやさしく語ること」だと言う立花氏が、文系人間にも分かりやすく生命科学の最前線をリポートします。遺伝子治療によってガンは制圧されるのか。頭の良くなるクスリはできるのか。スーパー人間は誕生するのか。本書こそ、21世紀を生きぬくために不可欠の「教養」を与えてくれる本です。(HT)
商品情報
書名(カナ) ニジュウイッセイキチノチョウセン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 仮フランス装
初版奥付日 2000年07月10日
ISBN 978-4-16-356480-7
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く