作品紹介

ヨコオ少年の愛しきモノとヒト

五感全開で山野を駆け巡り、江戸川乱歩に熱狂した少年は、やがて芸術家を志す……みずみずしい感性で綴る横尾忠則自伝・望郷篇!

担当編集者より
「……横尾さんの場合、正確にいうと、予定や方向が変わるのではなく、どうもそういうものがない、のである」とは荒俣宏さんの横尾忠則評。そうだったのか、と深くナットクすると同時に、わが「無駄な抵抗の日々」を想います。四百五十枚の原稿は、三年の「準備期間」の後、一カ月の執筆期間で完成しました。好評を博した前作『横尾忠則自伝』の続編は、郷里・西脇で起きた「事件」と、ヨコオ少年の活躍を活き活きと綴る「望郷篇」。読者の皆様の毛穴が開くような感動、請け合います。(IH)
商品情報
書名(カナ) コブナショウネン ジュウダイノモノガタリ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年03月01日
ISBN 978-4-16-357140-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く