作品紹介

人気TVドラマ脚本家の「等身大」エッセイ

仕事、恋愛、人間関係など、多くの悩みに直面した人気脚本家が本心を吐露し、「クレア」連載時から多くの女性の共感を呼んだ

担当編集者より
昨年まで「クレア」に連載されていた青柳祐美子さんのエッセイ「バオバブの記憶」の単行本化です。恋愛、友人関係、家族関係等に悩み、傷つく青柳さんの「等身大」のエッセイは、その「痛み」から逃げることなく心の葛藤を吐露して、連載当初から読者の共感を呼んでいました。今回はこれに大幅に加筆、さらに三篇の書き下ろしを加えました。人気テレビ脚本家から、エッセイストへ。青柳さんの新しい挑戦です。(TK)
商品情報
書名(カナ) バオバブノキオク
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年05月15日
ISBN 978-4-16-357300-7
Cコード C0095

著者

青柳 祐美子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く