作品紹介

パクリだとわかっても“クラマイ”が売れたワケ

倉木麻衣、小柳ゆきの活躍、衰えぬつんく演出、演歌もサザンもがんばった……。混沌の世紀末を彩るJポップ全百十四曲の大批評!

担当編集者より
その昔、大ヒットする音楽は、誰もが知っている曲でした。それがいつの間にか、CD売り上げがミリオンを記録しても、一度も聞いたことのない曲だったりすることがあるのはなぜでしょう。その疑問に答を出すのは近田春夫氏しかいません。例えば浜崎あゆみ、ドラゴン・アッシュ、サザン……。彼らがヒットしたワケはすべて本書に書いてあります。もっと言えば、倉木麻衣が宇多田ヒカルの二番煎じなのに、なぜあそこまで売れたのかも、すんなり理解できます。(HK)
商品情報
書名(カナ) ソノイミハ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2001年04月30日
ISBN 978-4-16-357350-2
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く