単行本
単行本

ルーズベルト 欺瞞の日々真珠湾の真実

R・B・スティネット 妹尾作太男訳

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2001年06月27日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ルーズベルトは「全て」を知っていた

卑劣な騙し討ちと罵られた真珠湾攻撃。だが、騙したのはアメリカ側なのだ。17年の歳月をかけ膨大な新資料を駆使して迫る戦慄の真相

担当編集者より
真珠湾奇襲から六十年。今年の夏にはマイケル・ベイ監督の大作『パール・ハーバー』も封切られるとあって、一大検証ブームが起こりそうですが、大統領の陰謀を徹底的に暴いたこの本が、まずはその先鞭をつけることでしょう。それにしてもアメリカって国は凄い。真珠湾を忘れるなと国民を煽って日本に原爆を落とすのと同時に、真珠湾の真実と責任を問う委員会が軍・政府・議会に設けられ、活動しているのです。日本では宣戦布告の遅延の責など外務省は一度も問われたことありません。噫!(TY)
商品情報
書名(カナ) ルーズベルトギマンノヒビ シンジュワンノシンジツ
ページ数 544ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2001年06月30日
ISBN 978-4-16-357530-8
Cコード 0098

著者

R・B・スティネット

妹尾 作太男翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く