作品紹介

子どもに「なぜ勉強をしなくてはいけないのか」と聞かれたら

石原慎太郎、中西輝政、重松清、立花隆、鹿島茂、曾野綾子、榊原英資、桐野夏生ら各界の第一人者が、現代の教育問題に斬り込む

担当編集者より
二〇〇二年、小学校と中学校の学習指導要領が大きく変わります。これは戦後教育が始まって以来の大改革ともいうべき変更です。新学習指導要領で何が変わるかを精査した日能研のレポートや、文部科学省の審議官自らが書き下ろした「ゆとり教育の狙い」といった実際的な論文から、立花隆氏、中西輝政氏、石原慎太郎氏、曾野綾子氏、西澤潤一氏、渡辺格氏、桐野夏生氏といったきら星のような賢人たちが論ずる「学ぶことの本質」まで。何が自分の子供にとってよいのか、そのことを考えるために必携の一冊です。(SS、TA)
商品情報
書名(カナ) キョウイクノロンテン
ページ数 376ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2001年08月30日
ISBN 978-4-16-357640-4
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く