単行本
単行本

老いのこみち

中野孝次

  • 定価:本体1,571円+税
  • 発売日:2001年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

年をとったからこそわかる人生の喜び――老妻と小犬と漢詩と一日三合半の酒と……。自分らしく、今を生きる、美しい老年の生活術

担当編集者より
『老年の愉しみ』『人生の実りの言葉』『美しい老年のために』等々、いまや中高年のバイブルともなっている〈中野流老年学〉の決定版です。連れ添って四十数年の妻への思いから説き起こし、漢方とのつきあい、犬の親子と共に生きるよろこび、旧友への追悼と和歌がつなぐ新しい縁、寝具に帽子、チーズなど「本物」との出会い、尽きることのない酒のたのしみなどなど、年をとったからこそ味わえる人生の醍醐味を縦横に語り明かし、「老いのこみち」はまさに花盛りなのです。(OM)
商品情報
書名(カナ) オイノコミチ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年09月15日
ISBN 978-4-16-357740-1
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く