作品紹介

気鋭の政治学者が、衰退の危機を何度も乗り越えた大英帝国等を例に、日本に迫る内憂外患を分析、「失われた十年」からの再生を問う

担当編集者より
『大英帝国衰亡史』で山本七平賞と毎日出版文化賞をダブル受賞し、論壇の第一人者として活躍する歴史学者・中西輝政が放つ、現代政治評論の白眉。グローバル化といわれる時代にあって、あらためて国家の存在が浮上する――大胆かつ周到に持論を展開、バブル崩壊後の日本の惨状を経済敗戦と捉え、日本の内なる大敵、戦後民主主義の弊害を論じつつ、「第二の敗戦」からの再生への道を説く。(TT)
商品情報
書名(カナ) ニホンノテキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年09月15日
ISBN 978-4-16-357760-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く