単行本
単行本

さらば、愛しきマツダ

迫勝則

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2001年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

会社からの手紙、それは希望退職の勧めだった

96年4月、フォード傘下に入ったマツダ。日本人社員の運命は激変する。外資進出の時代に、いかに働くべきかを考えさせる手記

担当編集者より
バブル崩壊後、経営危機に陥ったマツダはフォードの傘下に入る。正月には女性社員が晴着で出社し、社員が毎朝ラジオ体操で汗を流していたマツダの社風は大きく変わっていく。日本人社員が出社するはるか前の朝七時には出社し、夜十一時まで働き続けるフォード社員の猛烈ぶり。日本人社員の運命の激変。マツダの独自路線をつらぬこうとしたミラー社長の突然の交替。外資進出の時代にいかに働くべきかを問うマツダ元幹部の実名手記。(SS)
商品情報
書名(カナ) サラバイトシキマツダ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年12月15日
ISBN 978-4-16-358070-8
Cコード C0095

著者

迫 勝則

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く