作品紹介

小学校三年生からの全世代が繰り返し読むべき迫力ある日本語

『声に出して読みたい日本語』の著者が選りすぐった「すごみ」のある名文を収録、解説。失っていた本物の日本語力を取り戻す一冊

担当編集者より
「教育改革のカギは国語教科書にある。レベルの高い文章を大量に子どもに触れさせることが必要」という齋藤氏の教育論を具現化した一冊。小学三年生以上を対象に、漱石、鴎外、小林秀雄からシェイクスピア、ゲーテまで三十一作品を掲載、解説しています。テキストは「すごみ」「あこがれ」「生の美意識」「わかりやすい筋と深い味わい」を基準に厳選。大きな文字と総ルビで読みやすく、簡潔で面白い解説付きで作品に親しみやすいのが特徴です。超一流の文章の連続に大人も魂を揺さぶられます。(WY)
商品情報
書名(カナ) リソウノコクゴキョウカショ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2002年04月30日
ISBN 978-4-16-358480-5
Cコード 0081

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く