単行本
単行本

先崎学の浮いたり沈んだり

先崎学

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2002年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

才気煥発の人気棋士が描く勝負の日々

天才秀才、奇人変人が一手に泣き、一手に笑う将棋界。彼らの、そして自らの生活と意見を軽妙に伝える、おかしくも鋭い名エッセイ!

担当編集者より
十七歳で四段に昇り、二十二歳でエッセイ集『一葉の写真』を著すなど、はやくからその棋才、文才が高く評価されてきた人気棋士の、「週刊文春」好評連載が一冊になります。将棋界の厳しさと優しさ、羽生、佐藤、郷田ら同世代のライバルたちへの思い、さらには自らの活字中毒ぶりや混迷を極める政局まで、奔放に語った波瀾万丈の一年半の記録です。軽妙にして切れ味の鋭い筆致をお楽しみください。(IH)
商品情報
書名(カナ) センザキマナブノウイタリシズンダリ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年06月15日
ISBN 978-4-16-358640-3
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く