作品紹介

私が有本恵子さんを拉致しました

黙秘を続けてきたよど号乗っ取り犯の元妻がはじめて明かす、北朝鮮の「革命村」での生活とヨーロッパでの日本人拉致工作の全容

担当編集者より
これまで完黙してきたよど号乗っ取り犯の元妻が、有本恵子さんと自分の二人の娘の帰国を実現すべく、欧州での日本人拉致疑惑の真相を告白、有本さんの両親への謝罪を述べた衝撃の一冊。著者は高校卒業後、主体(チユチエ)思想研究会に入会。革命のための実践闘争参加を要請され、北朝鮮に渡る。革命思想教育を受けた後「革命村」でよど号乗っ取り犯の一人と結婚。そして七九年、欧州にて日本人拉致工作の活動を開始。日本人青年を中核幹部として獲得するため、各地でさまざまな人物にアプローチする。その中に、有本さんがいた。(TT)
商品情報
書名(カナ) シャザイシマス
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年06月30日
ISBN 978-4-16-358790-5
Cコード C0095

著者

八尾 恵

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く