単行本
単行本

まだまだまともな日本

フロリアン・クルマス 山下公子・訳

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2002年12月

作品紹介

ニッポンはこんなに良い国だったのか!?

滞日十二年のドイツ人学者は帰国して驚いた。彼我を比べると、日本はなんと暮し良い国だったか。普通の視線で考えた日独文化論

担当編集者より
十二年も東京に暮らし、中央大学で教鞭をとったドイツ人のクルマス教授は、先年、母国に帰ってショックを受ける。ドイツ人は怒鳴るわ、罵るわ、汚穢語を平気で口にするわ、不都合があれば「私もひとりの人間ですから」と開きなおるわ……とても一流国の国民とは思えぬ振舞に及ぶ。そこで教授は、ドイツ社会の負の諸現象を分析し、「こんな場合、日本では……」と日本を鏡にしてドイツ批判をする。ドイツでも評判をとった本だが、日本人にはいささかくすぐったくなる本かもしれない。(YM)
商品情報
書名(カナ) マダマダマトモナニホン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年12月10日
ISBN 978-4-16-359280-0
Cコード C0098

著者

フロリアン・クルマス

山下 公子翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く