単行本
単行本

最後の波の音

山本夏彦

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2003年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

闘病中も書き続けられた名エッセイの数々

ユニークな視点とエスプリに満ちた文章で、世の中の偽善や正義派のウソを批判し続けてきた稀代の名コラムニストの最後の作品集

担当編集者より
聖路加へ山本さんのお見舞いに伺ったのは、昨年の十月九日でした。その時「文藝春秋」と「諸君!」の連載を、まとめて一冊にするお許しもいただいたのですが、二週間後、山本さんは亡くなってしまわれました。担当者としては重い宿題を背負ったような責任を感じたものです。そこで山本さんの遺志を慮って、全体を、個人の生き方、明治の文人、言葉、色街と性、世間一般、の五つにわけて編集しました。鋭い批評をエスプリで包んだ名文を読んでいると改めて逝去が惜しまれます。(ST)
商品情報
書名(カナ) サイゴノナミノオト
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年03月15日
ISBN 978-4-16-359510-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く