単行本
単行本

杉村春子女優として、女として

中丸美繪

  • 定価:本体2,500円+税
  • 発売日:2003年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

芸に生き、恋に生きた大女優の知られざる素顔!

二人の年下の夫との結婚生活、劇作家・森本薫との恋、そして文学座分裂の真相……初めて明らかになった大女優の素顔に迫る評伝

担当編集者より
著者の中丸美繪さんは“世界のオザワ”を育てた名指揮者、斎藤秀雄の生涯を描いた『嬉遊曲、鳴りやまず――斎藤秀雄の生涯』でデビューしたノンフィクション作家です。二作目となる本書は、戦後を代表する名女優、杉村春子の一生を、これまで語られていなかった側面も含めて描き出す、異色の人物評伝となりました。決して美人とはいえず、広島訛りの抜けない女優だった杉村春子……その彼女が頂点に登りつめるまでには複数の男たちの支えがあったのです。エネルギッシュな女優の恋に圧倒されます。(FY)
商品情報
書名(カナ) スギムラハルコ ジョユウトシテオンナトシテ
ページ数 512ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年03月30日
ISBN 978-4-16-359530-6
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く