単行本
単行本

ほとばしる副作用

辛酸なめ子

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2003年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ちょっとだけイジワル、かなりディープ

精神世界修行のアブナイ現場取材から、MEGUMI、小池栄子らアイドルへの辛口分析まで。新感覚エッセイストによる絶品コラム

担当編集者より
期待の才能の登場です。辛酸なめ子さん。28歳女性、独身。漫画家として、既に何冊も単行本を出して活躍していますが、本書は彼女にとって初のコラム集です。「サイゾー」「スタジオボイス」などエッジの効いた雑誌に発表された作品を収録しています。「小池栄子は半分で十分」、「たまちゃんは魔性のアザラシ」……。芸能界から社会風俗までスパッと切り刻んだ辛口の文章は、一度でも読むと「クセ」になること必至です。特に、辛酸さんと同世代の女性の方にお勧めしたい一冊です。(MK)
商品情報
書名(カナ) ホトバシルフクサヨウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年04月15日
ISBN 978-4-16-359590-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く