作品紹介

アンネは両親のことをこんなふうに思っていたんだ……

自分用と公開用の二種の日記に父親が削った部分を加えて成った「完全版」に、新たに発見された日記を追加。今明かされる親への思い

担当編集者より
毎日書いた日記と、公表を前提に清書した日記、「アンネの日記」は二種類あるが、本国オランダで一九四七年に誕生した『アンネの日記』は、父親が編集した“第三の日記”だった。二つの日記を再編集し、嫌悪や怒りまでも再現した〈完全版〉が出たときには、「アンネの肉声が聞こえる」と評判を博した。このたび新発見された日記を加え〈増補新訂版〉が登場する。両親に対する無垢な怒りが赤裸々に語られ、アンネがぐっと等身大になる。ルビを増大し、中学生から読める。文庫同時発売。(HK)
商品情報
書名(カナ) アンネノニッキ
ページ数 600ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2003年04月10日
ISBN 978-4-16-359610-5
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く