作品紹介

音楽をロジックで読み解く“思考の快楽”

氣志團は洋楽の今日的発展型、宇多田のキーワードは「もどかしさ」、日本ヒップホップのジレンマなど最新歌謡曲114曲を大批評

担当編集者より
毎度のことながら近田氏の歌謡曲評論の心地良くドライブする文体、説得力のある構成、痛快な切り口には惚れ惚れします。言うまでもなく音楽について書くのは難しいこと。しかもその音を聴いた事がない人をも納得させるからスゴイ! 皆さんは浜崎あゆみというお題で何が語れますか? 近田さんは浜崎から国歌を、キンキから官能の逆説的真理を、CKB(クレイジーケンバンド)からボブ・サップを語ります。普段歌謡曲を聴かないお父さんもその筆力に圧倒されるハズ。話題に乗り遅れないためにも必読です。(WY)
商品情報
書名(カナ) イイノカコレデ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年05月15日
ISBN 978-4-16-359710-2
Cコード C0073

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く