作品紹介

はじめて現代の日本文学にふれる若い読者のために

若き日の読書ほど影響力の強いものもない。ここに収められた短篇一篇一篇は、若い読者にとって忘れられないものになるはずです

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
青春期の読書がもつ影響力の大きさは、いまさら強調するまでもないと思います。その後の生き方を決める作品にめぐりあう機会が、青春期にはたくさん用意されているような気がします。少年期の輝きと青春期の哀歓を、じつに見事な短篇に書き尽くしたこの一冊にめぐりあえる若者は幸せです。また、その頃へ遠く想いをはせる読者にとっても、珠玉の短篇アンソロジーとしての味わいは貴重なものにちがいありません。長編作家として人気の著者のもうひとつの至芸をお楽しみいただきます。(NY)
商品情報
書名(カナ) ハジメテノブンガクミヤモトテル
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年02月15日
ISBN 978-4-16-359840-6
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く