作品紹介

はじめて現代の日本文学にふれる若い読者のために

熊にさそわれて散歩に出たり、女友達と裸エプロンにチャレンジしたり。日常からちょっぴり不思議な世界への扉をひらく傑作13篇

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
「はじめての文学」も本書で7巻め。小説は文字で書かれた世界です。読むときには、こころを開いて物語をたどり、そこにこめられた気持ちに抱かれながら、いっとき住みつくわけですね。時間がたつのを忘れ、現実の問題からも自由になれます。まず、これが快感。さらに文字でしか表現できないことがあります。言葉には、絵画や音楽とはまったくちがった回路でイメージを喚起する力がある。川上さんはその力を自在にあやつって、読む者を不思議な美しい世界へと連れていってくれるのです。(NY)
商品情報
書名(カナ) ハジメテノブンガクカワカミヒロミ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年05月15日
ISBN 978-4-16-359870-3
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く