作品紹介

はじめて現代の日本文学にふれる若い読者のために

さりげない家族の風景や、ささやかな出来事から、心に沁みる情景をつぎつぎと紡ぎだしてゆく重松清の絶妙な語り口を味わう短篇8篇

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
とりたてて変わった情景ではありません。銀河系の果てのお話でもなければ、銃弾飛び交う戦場の物語でもありません。ごくふつうの家族の会話であったり、友だちとのやりとりであったりします。読みはじめると、主人公の気持ちにピタリと寄り添ってゆけます。そして、小説のクライマックスまで運ばれていって……ふと胸を衝かれる場面に出会うのです。「ああ」と思う瞬間、あなたのこころは重松さんの小説の力を正面から受け止めているのです。とてもすてきな瞬間です。(NY)
商品情報
書名(カナ) ハジメテノブンガクシゲマツキヨシ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年07月15日
ISBN 978-4-16-359890-1
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く