作品紹介

はじめて現代の日本文学にふれる若い読者のために

子供たちの切実な現実に踏み込んだ作品を中心に、単行本未収録の「使ってしまったコインについて」を含んだ珠玉の傑作全6篇を収録

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
本書のあとがきにあたる文章に、桐野さんは「小説には毒がある」というタイトルをつけました。小説がもつ「毒」とは何でしょうか。たとえば、無菌状態のクリーンルームのような小説があったとして、それを楽しむ読者がいるでしょうか。人生はきれいごとばかりではありません。つらいこと、悲しいこと、苦しいこと、ときには目をそむけたくなるようなことにも出会います。小説はそこから立ち上がってくるのです。だからこそ、小説はよりよく生きることに役に立つのではないでしょうか。(NY)
商品情報
書名(カナ) ハジメテノブンガクキリノナツオ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年08月10日
ISBN 978-4-16-359900-7
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く