作品紹介

政府軍、ゲリラ、それぞれの狂気が島中を殺戮で覆いつくす……。八万人が虐殺された四・三蜂起を描く一万二千枚の巨篇、遂に完結

担当編集者より
「文學界」での連載開始以来二十三年、一万一千余枚となった日本文学史上有数の大河小説が、ついに完結します。李承晩の軍事独裁政権に抗して朝鮮最南端の済州島で起きた四・三蜂起の悲劇を背景に、社会主義と革命の二十世紀を根柢から見据えた、トルストイ的物語性とドストエフスキー的深さを兼ね備えた革命と愛の大長篇は、軽佻浮薄の現代にこそ、真に読まれるべき小説といえるでしよう。(TA)
商品情報
書名(カナ) カザントウ
ページ数 520ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 函入り
初版奥付日 1997年09月25日
ISBN 978-4-16-363620-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く