単行本
単行本

福田恆存戲曲全集 別巻

福田恆存 現代演劇協會・監修

  • 定価:本体2,381円+税
  • 発売日:2011年05月23日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

生涯を演劇にささげた作家の演劇論を集大成

「劇場への招待」「演出論」「私の演劇白書」など、全集未収録の演劇論、自ら失敗作として書籍化を断念した戲曲「恋愛合戦」を収録

担当編集者より
「平和論にたいする疑問」「自由と進歩」「日米両国民に訴へる」など進歩派知識人を痛烈に批判する一方、「私の國語教室」やシェイクスピアの名翻訳などで知られ、劇団を主宰しつつ、傑作戲曲の数々をものし、昭和の演劇界を牽引した巨人のすべての戲曲を収録した全集最終巻である。演劇論を集成した別巻には、「劇場への招待」「演出論」「私の演劇白書」など福田恆存全集未収録作品と、未公刊の「観客への訴へ」及び、自ら失敗作として書籍化を断念した戲曲「恋愛合戦」を収める。(OS)
商品情報
書名(カナ) フクダツネアリギキョクゼンシュウベッカン
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年05月20日
ISBN 978-4-16-364180-5
Cコード 0374

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く