作品紹介

80周年記念出版晩年、そして無名時代のこの作家の真実!

無名時代の詩篇、俳句、書簡。藤沢文学の源流を自ずとあかす貴重な文章。さらに遺書をおさめ、人生の伴侶にふさわしい全集完結

担当編集者より
『藤沢周平全集』第二十五巻(補巻二)藤沢さんの全集は近々別巻として発刊予定の「人とその世界」をのぞき、この巻で完結します。唯一の現代小説「早春」、「半生の記」、そしてこの作家最晩年のこころを映すエッセイを拾遺。しかし何といっても本巻最大の読みどころは、このたび発見された無名時代の書簡群でしょう。結核療養所から郷里の教え子に宛てたもの。そして「人生のどん底」をみた、というこれまで一切語らなかった自身の内面をあかす貴重な手紙など。待望の一巻をお届けします。(MK)
商品情報
書名(カナ) ホカン フジサワシュウヘイゼンシュウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製布装貼函入
初版奥付日 2002年06月25日
ISBN 978-4-16-364450-9
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く