単行本
単行本

吾輩はロンドンである

多胡吉郎

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2003年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

漱石は何を見て、何を食べ、何を考えたのか

漱石が倫敦に留学したのは一九〇〇年。およそ百年後、二十一世紀のロンドンに赴任した放送局員は文豪の足跡を丹念に辿り始める

担当編集者より
「倫敦(ロンドン)に住み暮らしたる二年は尤(もっと)も不愉快の二年なり」。漱石のロンドン留学を追跡した評論はいくつもあるが、このエッセイは一味違います。著者はNHKの元プロデューサー。漱石の留学からほぼ百年後の一九九九年、ロンドン勤務となった著者は、文豪の足跡を自ら追体験します。始まりはヴィクトリア駅の二百歩。肩車されて見た女王の葬列。ロンドン風鰻料理にも舌鼓?自転車に乗った漱石、マドンナに会う?? なんともユニークな視点です。(MK)
商品情報
書名(カナ) ワガハイハロンドンデアル
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年08月10日
ISBN 978-4-16-365210-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く