作品紹介

日本一多忙な教育学者の思考平面

「徹子の部屋」出演、明大ゼミの出来事、学生の就職難まで、名物教授は日常をこう学ぶ。ユニークな思考が爆発する超教育エッセイ

担当編集者より
明大での授業やテレビ出演、私塾「齋藤メソッド」や講演会など、目まぐるしい毎日の中で齋藤氏がめぐらせた思考が詰まった一冊です。齋藤さんの脳みそは、どんな局面でも「教育」を軸にして回転しているのがよくわかります。例えば、井上陽水のトークショーで質問力とコメント力について考察したり、出張先で大阪人の演劇性を体感し、対話能力と演劇性の関係を分析したりします。あの発想はこうやって生まれるのか、と納得させられる“超教育”エッセイです。(WY)
商品情報
書名(カナ) ハッソウメイジン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年08月10日
ISBN 978-4-16-365220-7
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く